WORD

大阪の友人宅にて〜

アワジャニ、最高〜!by カエルくん

毎年恒例の“俺たちの旅”ツアー、
今年は、初めてOUR JOURNEYSとして福岡〜広島〜高松〜大阪をまわり
名古屋は岡本近藤古明地の3人で。
ということで、5ヶ所、無事終了〜!

福岡はおなじみトミーをゲストに迎えて。
その日、ちょうど誕生日だったトミーは
アコギをマイクで拾い生音生声を生かした弾き語りでじっくりと。
トミアジとはまた違う冨重貴裕の世界を描く。

そして、アワジャニはツアー初日、
俊太郎くんが「ベーシックのドラムはスゴく良い音がする!」と絶賛してたように
俊太郎くんのドラムを中心に音がまとまる。
ベーシックの響きも気持ち良かったなあ〜

2日目は久しぶりのジャイヴにて。
この日もリハからじっくり音を作ることができて
バンドとしての一体感もグイッと出せたな〜!

3日目の高松はおなじみラフハウスにて。
ドラムはミニドラムだったけど、横一列にならんだ4人。
マスター、コンちゃんによるPAでラフハウスマジックが生まれる。
なかなか見れないアワジャニだったのではないだろうか!

4日目は去年バンディッツカスタムもやったフラットフラミンゴにて。
ステージと客席のグルーヴも心地良かった〜
コメちゃんがクイーンを弾き出して「ボヘミアン・ラプソディ」もやっちゃったり〜
とフラミンゴならではのアワジャニでした〜

5日目は俊太郎くんと別れ、岡本近藤古明地はバスで名古屋へ。
おなじみ、りとるびれっじは3人のソロ編で。
僕は今回ベースだったので、本編では岡本くんのエレキとコメちゃんのアコギを借りて。
アンコールではベースを弾いての4分の3アワジャニでスペシャルライヴ!

5日間、一気に振り返ってみたけど
いやあ〜、ほんとに濃い5日間だったよ。
いつもは4人のソロでまわってるけど、今回はバンドでのワンマン、
毎日、フルでステージに立ってたからか
毎日毎日が書ききれないくらい濃厚だった〜!

そして、今回のツアー、
ベースを持って旅に出るのはPEALOUTのラストツアー以来14年ぶり。
福岡、大阪、名古屋では14年ぶりに、
広島では15年ぶり、そして高松では初めてベースを弾いた。
東京では、何気に年に1〜2回弾く機会があるから
そんなに特別なことではなく、当たり前のように思ってたけど
今回、各場所で、ベースを弾く姿を観れて嬉しかったと伝えてもらい
やっぱり、今回、ベースでツアーをまわる意味があったなあと思ったよ。
なんでも当たり前に思ってしまってちゃいけないね。
もっといろんな場所へ歌を、音を届けなきゃなあ。

さあ、俺旅、残すは風知空知でのソロ編と440でのバンド編。
この2日間で岡本定義、近藤智洋、高畠俊太郎、古明地洋哉、
4人のミュージシャンの持ち味を存分に出しますよ〜

そして、なかなか見れない OUR JOURNEYS。
今回のツアーで思ったけど、岡本くんのエレキの凄さ。
トーンやボリュームをコントロールすることで変幻自在なサウンドを繰り出す。
コメちゃんはアコギを中心に、ドラム、エレキ、ベースと全楽器を操る。
どの楽器もコメちゃん節が鳴ってるのがさすがだ〜
そして、何より俊太郎くんのドラム。
もう、これはドラマーとしてもほんとスゴイと思うのだ。
音作りからフレーズ、何よりそのリズムが気持ち良い〜!
そして、4人のシンガーがアコギ、エレキ、ベース、ドラムを担当し
曲は全曲、コラボ作品(作詞者と作曲者が別)
そして、4人がそれぞれ歌う。
なかなかないバンドじゃないかな〜
次は、いつやるか決まってないので、是非是非、観てもらいたいな〜

風知空知、440の2days、お待ちしてます〜!
 
 
ではでは、最後にりとるびれっじでのソロステージを全編どうぞ〜!

□2019/2/11@名古屋りとるびれっじ → こちら
 
 
□□□ NEXT LIVE !!! □□□
“俺たちの旅2019”
☆2/16(土) at 下北沢 風知空知 出演:岡本定義(COIL), 近藤智洋, 高畠俊太郎, 古明地洋哉
☆2/17(日) at 下北沢 440 出演:OUR JOURNEYS ワンマン
 (詳しくはスケジュールをご覧下さい)
 
 
 
            〒he picture postcard from KDTH