ARCHIVE

秋かあ〜。こっちは夏だあ〜!

言葉よりも歌で

三茶ヘブンズドアでのライヴも無事に終了。

毎年恒例となってきたヘブンズでの12月ライヴ。
今年はヤマジくんがライヴだったので1人で。
他の出演者は初めて一緒にやるバンドだったので
リハからちょいと緊張。
対バンがいる、いないの違いはあったけど
11月の湯田温泉の時と同じようなシチュエーション。
こんな時に一番自分が試される。
でも出番前、楽屋でMIRROR MOVESの音を聴いてたら
すごくテンションが上がってきた。
どんな時でもカッコ良い音は力をくれる。

さあ、本番。
ヘブンズには硬質な爆音がすごく合う。
なので、この夜はエレキだけで歪み多目で。
そんな音を想像してたら、弾きたくなったのは
渡辺一志監督の映画「19」のテーマ。
以前、PEALOUTの登場SEで使ってた曲だ。
そして、エレキならではの曲を演奏していった。
ライヴはいつも楽しいのだけど
今はやる度にもっともっとって思う。
やりたいことをどんどんトライしていきたいからだ。
失敗も怖いから、やらない(やれなかった)試みもあるけれど
思うのは、その恐れを越えてやった時に得るものは
確実に自分の血となり肉となっていく、ということ。

イベントはいろんなバンドを観に来てる人がいるから
オレのステージに興味のない人ももちろんいるだろう。
そんな時でも、会場の雰囲気、空気は
ステージに立つものが責任を持たなきゃいけない。
この夜、途中で気になったことがあった。
MCでそれを話して伝えることも可能だったけど
やっぱりオレはそれを音で、歌でやりたかった。
自分の歌が問われてると思った。
どんな風に伝わったのか、伝わらなかったのか
それはわからないけど
でも、それは自分にとっての小さな自信になったよ。
自信をなくしそうになることも多いけど
まだ、大丈夫だ。

20年、こうやって音楽活動をやってると
ああ、あのライヴは転機だったかも、と思う瞬間がある。
きっとこの夜も、この先振り返ったらそう思えるライヴになる気がする。

さあ、次は東京での今年最後の弾き語りワンマン。
高円寺ムーンストンプにて。
ここはアップライトピアノがあるので
アコギ、エレキ、ピアノのフルバージョンでやります。
今の近藤智洋を全部出しますよ。
やりたいことがたくさんありすぎて困ってしまうくらい。。
20時スタートなので、仕事が終わってからでも是非是非!

そして、バンディッツでの東名阪ツアーももうすぐ!
先日、ドラムHAZEのスタジオにてリハーサルをやってきました。
ドラムを録音するスペースなので、6人全員は入れない、
ということで、近藤、Hisayo、貴巳、HAZEの4人でのコンパクトリハ。
みんなでビールを呑みながらリラックスして。
貴巳は正座しながらギター弾いてたな。。
そうそう、大阪の友達の話を思い出す。
「みんなライヴで呑みながらやったりするのに
 なんで、リハの時は呑まへんのやろな?
 ライヴのリハなんやから、リハから本番ばりに呑んでやらなアカンやろ?」
あはは。
まあ、たまにはいいよね?
でもって、この夜はHAZEがやったことのない曲を6曲アレンジしました。
10月のワンマンでやった曲を含め、かなりバリエーションが増えたので
セットリスト考えるのが楽しみです。
というかね、
もう、ほんとにこのツアー、みんなに観に来て欲しいのです。
このツアーは来年に繋がるツアー。
新しい音をたくさんの人に聴いてほしい。
是非、時間を作って観に来てね。
大阪では前日に今年最後の大阪弾き語りもあるよ!
ではでは
待ってま〜っす!

※最近よく聴いてる曲です → こちら
 
 
 
 
(※2014/12/14に更新)
 
 
 
※〜イベントはいろんなバンドを観に来てる人がいるから
 オレのステージに興味のない人ももちろんいるだろう。
 そんな時でも、会場の雰囲気、空気は
 ステージに立つものが責任を持たなきゃいけない。〜

そうだね、これは今も変わらず、ずっと思ってること。
ステージに立つというのは、そういうことだと思うのです。

そしてアーカイヴの最後は
Hisayo、貴巳、HAZEとのリハーサルだね。
昨日は、この4人での近藤智洋&ザ・バンディッツ・カスタム、
大阪、静岡でライヴをし、昨日はファイナル、下北沢ラウンにて。

とっても良い夜だったなあ〜
やっぱりラウンは音が良いので気持ち良い!
バンド編成でも、スゴく気持ちよく、楽しんで音を出せたよ。

初日の大阪を終えた後、
この4人ならではのサウンドの可能性を感じた。
4人だからこその緊張感、何よりスリリングで楽しかったのだ。

そして、静岡からの帰り、もう1曲やりたい曲が出てきてね。
夜中に3人に音源をメールしちゃったよ、申し訳ないと思いながらも。

昨日、リハで2回音を合わせて、さあ本番。
アンコールでやった「小さな欲望」、
このメンバーで出したいと思った音、グルーヴ、そしてそれ以上の感情。
Hisayo、HAZE、貴巳の凄さを改めて感じた夜。

バンディッツ・リベレーションの大きな可能性を感じた夜でもあったのです。
こんな素敵なバンド、そうそうないよ〜。
改めてピロ、佐田、信夫、Hisayo、貴巳、HAZEに感謝の気持ちでいっぱいの朝です。

さあ、今日はOUR JOURNEYSのリハ!
新曲を持ち寄って、ここからスタートです。
9/2に向けて、始まりますよ〜!
 
 
□□□ NEXT LIVE !!!〜2018年、現在です〜□□□
☆7/26(木) at 高円寺 ムーンストンプ ※近藤智洋・弾き語りワンマン!

 (詳しくはスケジュールをご覧下さい)
 
 
 
            〒he picture postcard from KDTH